女性トレーナーによる出張パーソナルトレーニングと食事指導

CONTACT
LINE
Instagram
ACCEES
レンタル
スタジオ
For BIGINNERS

あなたに合ったプロテインがきっと見つかる【MYPROTEIN全種比較表】大公開!!

images

現代の食生活では不足しやすいと言われている「たんぱく質」。体作りの材料となるたんぱく質は、体を鍛えている人やアスリートなどが積極的に摂取しているイメージがありますが、トレーニングをしていない人にとっても必要不可欠な栄養素です。たんぱく質の不足は、トレーニング効果が得られずらいどころか、免疫力の低下や肌荒れ、髪や爪がボロボロになったりと様々な体調不良を引き起こす原因にとなります。1日に必要なたんぱく質量は、トレーニングをしていない人なら体重の約1倍、トレーニングをしている人なら約2倍以上と言われていますがあなたは、必要なたんぱく質量を摂取できている自信がありますか?

<例:たんぱく質60g>

  • 鶏むね肉なら、大きめ一枚 約300g
  • 卵なら、約8個
  • 納豆なら、約7パック

自信のないあなたは、無理せず手軽にたんぱく質を摂取できる「プロテイン」の導入を是非検討してみてください。
「でも種類がありすぎて何を選べば良いかわからなーい!!」というプロテイン難民へ。本記事では、豊富なラインナップを誇るMYPROTEIN製品全種をわかりやすく比較し、あなたのプロテイン選びをお手伝いします!MYPROTEIN以外のメーカーで検討している人でも、参考になる内容となっておりますよー!

プロテイン選びで大事な情報

プロテインを導入する上で最も大切なこと。それは、飲み続けることです。プロテインは一日にしてならず。飲み続けることによって、効果が得られます。ですから、「飲み続けられるかどうか」ということを念頭に置きながら、ポイントとなる情報を比較していきます。

比較項目①価格と量から求めた「コスパ」

経済的に継続して購入し続けられるかどうかは、絶対に欠かせない判断材料となります。計算方法含め、コスパに特化した記事はこちらからどうぞ

⇒ 【MYPROTEINコスパ徹底検証】自分に合ったプロテインの選び方|ステップ2

比較項目②フレーバーとレビューから求めた「飲みやすさ」

いくら安くても、不味ければ飲むのが嫌になってしまいますね。超絶品!までいかなくても、飲むのが苦にならない程度の味や喉越しであってほしいところ。計算方法含め、飲みやすさに特化した記事はこちらからどうぞ

⇒ 【MYPROTEIN徹底検証】確実に効果を得るための「飲みやすさ」と「たんぱく質量」

比較項目③「たんぱく質含有率」と「カロリー」

たんぱく質が豊富に含まれているということが、前提であるプロテイン製品。しかし、たんぱく質がどれくらいの割合で入っているのかは製品によって様々です。たんぱく質含有率が低くても、代わりに様々な栄養素を一緒に摂取できることを売りにしている製品もあります。ダイエット中であればカロリーはできるだけ低い方が良いでしょうし、バルクアップなどが目的であれば、あえてカロリー高めの製品を選びたいという人もいるでしょう。目的によって判断の仕方が変わる項目です。

計算方法を含め、たんぱく質含有率とカロリーに特化した記事はこちらからどうぞ

⇒ 【MYPROTEIN徹底検証】無駄を省くためにチェックする「たんぱく質含有率」と「カロリー」
それでは、これらの項目について筆者が勝手に作成した比較表をみてみましょう!

【MYPROTEINプロテイン製品全種オリジナル比較表】大公開!!

以下の表は、2020年5月時点の公式HPに掲載されている製品情報を元に作成しています。



 

  • ピンクが比較項目①群
  • ブルーが比較項目②群
  • イエローが比較項目③群

 

製品の並び順に特に決まりはありません。テキトーです。

 

MYPROTEIN比較表 by RientMagazin

※赤で塗りつぶしてあるのは、情報が得られず計算できなかった箇所です。

参考になるデータはありましたか?字が小さくて見ずらいのはお許しください。この表内の製品は、MYPROTEINでプロテイン製品として表示されているものであり、ミールリプレイスメント(代替食品)やドリンクパウダー、ケーキミックスなども含まれています。

これらは例えば

  • 食事の置き換え→ミールリプレイスメント
  • スポーツ中の水分補給→ドリンクパウダー
  • 間食→ケーキミックス
  • トレーニング後→プロテイン

と、こんな風にプロテインの用途によって、使い分けるのが良いでしょう。

MYPROTEINプロテイン製品総合評価

お待たせしました。(待ってない?)それではいよいよ、まとめに入るよーっっ!一番のオススメは最後に出てきます。それぞれの項目におけるランキングを踏まえ、総合的に評価が高く、試してみる価値ありの製品をご紹介します!

抜群の安心感【IMPACT ホエイプロテイン】

商品リンク

とりあえず迷ったら、コレを選んどけば問題なし!

コスパ飲みやすさたんぱく質含有率ローカロリー
8位1位9位16位

なんとフレーバーは60種類以上!レビュー数はもうすぐ5000!それでいてレビュー評価も4.59と高め。MYPROTEIN製品の中では断トツで多くの人に飲まれている、信頼度の高い製品です。コスパやたんぱく質含有率においても10位以内と優秀で、飲み続られそうな予感しかありませんね!

より高品質に【IMPACTホエイアイソレート】

商品リンク

Impactホエイプロテインをグレードアップさせた文句なしの製品。

コスパ飲みやすさたんぱく質含有率ローカロリー
13位3位2位8位

フレーバー数やレビュー数の多さもさることながら、たんぱく質の含有率も文句なしのハイクオリティ!アイソレート(WPI)なので吸収率も抜群です。日常的にトレーニングを頑張るあなたの良き相棒となるでしょう!

無駄がゼロ【コラーゲンプロテイン】

商品リンク

とにかくたんぱく質だけを効率良く摂取したいならコレ!!

コスパ飲みやすさたんぱく質含有率ローカロリー
11位11位5位7位

なんと、糖質ゼロ脂質もゼロ!栄養成分表では、たんぱく質以外全部ゼロgになってます。THE プロテイン。レビューによると、味の評価が微妙な気もしますが…確実に結果を出したいストイックなあなたにはピッタリです!

ビーガン最高峰のたんぱく率【ソイプロテインアイソレート】

商品リンク

ビーガン製品なめてました!すみません!

コスパ飲みやすさたんぱく質含有率ローカロリー
4位12位4位25位

ソイ系プロテインは、美容や健康維持が目的の一般人向けのものばかりかと思っていたら!なんと含有率は90%!超優秀じゃーん。レビューを見てみると、ソイ系特有の粉っぽさがあるようですが、ソイ系だもんしょうがないわよね。その分コスパでカバー!そして、ソイ系であるが故に炭水化物は気持ち多め。筋量を増やしたいけど乳糖不耐症でホエイ系が飲めない方などにとてもオススメです。

世界アンチドーピング機関認定【IMPACTホエイプロテインエリート】

商品リンク

勝負にすべてを賭けるアスリートのためのプロテイン。

コスパ飲みやすさたんぱく質含有率ローカロリー
2位18位9位16位

世界トップクラスのスポーツラボで禁止物質についてのテストをクリアしており、ドーピング検査が行われる全国規模以上で活躍するトップクラスのアスリートも安心して飲めるプロテインです。

さらにはグルタミンを3.6gも含んでおり、ハードな運動によって筋が消耗しやすいアスリートに最適。コスパも良いので、遠征費や用具費などで出費がかさむアスリートにはとてもありがたいですね!

その他のオススメ製品

他にも、高品質な製品はたくさん!プロテインを飲む目的や自分の現状に合わせて、お気に入りを見つけましょう。

高いたんぱく質含有率【アイソプロホエイプロテイン

ハードワークに負けない強靭な体作り【THEホエイ

大きさを手に入れる【ウエイトゲイナーブレンド

 

そして最後に!実は一番ポテンシャルが高いかもしれないこの製品のご紹介!

女性にオススメNO.1【ダイエットホエイプロテイン

商品リンク

ランキングのアベレージは、全種類の中でトップ!

コスパ飲みやすさたんぱく質含有率ローカロリー
1位11位9位10位

女性のためにつくられたこの製品には、含有率の高いたんぱく質の他にもビタミン類はもちろん、コリンナイアシン葉酸など、女性に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。それでいてカロリーは96㎉!コスパも良いし、言うことないです!しばらく在庫切れが続いているようなので、こまめにHPをチェックして入荷情報を待ちましょう!入荷し次第、筆者も買います(笑)

まとめ

最後まで読んでくれたあなたは、プロテインに対する知識と理解が深まったと同時に、プロテインに対するモチベーションも高まっているはず!健康なライフスタイルのために、理想の体を手に入れるために是非プロテイン生活始めてみてくださいね!

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. images

    心と体が喜ぶパワーサラダ弁当┃”いいね!”ランキング1位〜20位

  2. images

    注目してくれない子の視線を奪うアプローチと最強アイテム

  3. images

    コーディネーション能力とは

PAGE TOP