女性トレーナーによる出張パーソナルトレーニングと食事指導

CONTACT
LINE
Instagram
ACCEES
レンタル
スタジオ
For BIGINNERS

憧れの人と同じトレーニングをしても、その人と同じ体になる確率は限りなく低い

images

いきなり絶望的な現実を突きつけるようですが・・・

これを理解しなければ、理想の体を手に入れることはできないのです!

憧れの落とし穴

日々トレーニングに励んでいる人には「〇〇に憧れて・・・」と、憧れの人物を待ち受け画面に設定しInstagramを毎日チェックしてはトレーニングメニューを真似て実践している人けっこう多いのではないでしょうか。
もちろん目標を掲げることは素晴らしいことです。憧れの人を理想とし、目標とすることが、努力を始めるきっかけになるのなら「どんどん憧れて下さい」と、言いたい。しかし、理想を叶えることは、そう単純なことではなく、トレーニングメニューを真似するだけでは、理想にやや近づく、もしくは、理想から遠のくことだってあるのです。「憧れ」は、今自分にないものを手に入れたいという向上心、欲の表れ。満たされない欲は、欲求不満というストレスに変わります。 モチベーションだった「憧れ」が、ストレスの要因と化してしまわないよう体作りに関する理解と、正しい目標設定について知っておきましょう!

はじめの一歩

理想の体は、人によって様々です。
女性らしい曲線のあるメリハリボディ
引き締まった健康的な体
オリンピックで活躍できる強靭な動ける体
これらはそれぞれ、憧れる目的が少しずつ異なりますね。
ビジュアル、健康、パフォーマンス。目的が異なれば当然、トレーニングの方法も大きく変わります。オリンピックで活躍したい人が、女性らしいメリハリボディに向けたトレーニングをおこなうことは、得策ではありません。ですから、憧れの人のトレーニングメニューを真似ることは間違いなく、理想へ近づく最初の一歩となるでしょう。しかし、体とトレーニングの関係は、それほど単純ではありません

十人十色

トレーニングをすると、体は変わります。筋肉量が増えることによって体が大きくなったり、体脂肪が減ったり、パワーアップしたり。 トレーニングによる筋肉量の増加には、多くのメリットがありそのほとんどが、あらゆる面で自分自身を高めてくれることでしょう。
しかし、これら得られる結果をコントロールすることは至難の業。
計画してた期日までに体が大きくならなかったり、トレーニングで膝を痛めてしまったり、想定外の部位がパワーアップしてしまったり。
このような誤算はよくあることなのですが「憧れ」の気持ちが高ければ高いほど、そして「憧れの人」の真似が忠実なほどこの誤算によるストレスが大きくなり結果的にモチベーションを保てなくなってしまいます。
「あの人はこのトレーニングでプリケツになったから、私もやろう」
「あの人はこのトレーニングで腰痛が良くなったから、私もやろう」
「あの人はこのトレーニングでタイムが縮んだから、私もやろう」
やろうとする意欲は、素晴らしいです。やらないよりは、良いかもしれません。しかし同じことをすれば、同じ結果を得られるとは思わないで下さい。これが可能であれば、パーソナルトレーナーという職業は成り立ちません。十人十色。全く同じ結果が得られることは、ほとんどないです。

誤算のワケ3

なぜ結果が異なるのか。
なぜ誤算が生まれるのか。
その秘密は、トレーニングでは変えられないものの存在にありました

環境の違い

トレーニングの効果は、環境によって大きく異なります。
栄養豊富な食事
良質な睡眠及び休養
優れた体調や体質
筋肉の発達に必要不可欠なこれらの要素を十分に確保できる環境であるかということ。「憧れの人」の体が、これらを完璧に確保した上で作られたものならばもちろん同じように環境を整える必要があります。しかし、全てを完璧におこなうことは大変難しいこと。お金の余裕と、時間の余裕と、心の余裕が必要です。

骨格の違い

骨格は、体作りに大きな影響を与えます。肩幅が広くて骨盤が小さい人は、もともと逆三角形な骨格と言えますし、同じ体重だとしても、骨格がしっかりしている人の方が骨格の重量がある分、体脂肪あるいは筋肉量が少ない可能性があります。
背の高い人の方が一歩が大きいので、走るスピードが速かったり、背の低い人の方が重心が低いので、様々な動きに対する切り替えが速かったり。あらゆる場面において、骨格を無視して体作りを語ることはできません。
すべてに余裕を持ち、完璧な環境を作ったとしても骨格が異なればトレーニングの効果も変わる。
例えばお尻のトレーニングだったら、骨盤の傾き方でこんなに違う。↓詳細は下記記事へ↓
【骨盤の傾きで効果が変わる!尻トレで気を付けるべきポイント】
骨格タイプの全く異なる人物を憧れるのは良いけれどトレーニングを真似るのはナンセンス。自分の骨格と向き合い、骨格に合わせたアプローチをする方が間違いなく効率的です。

誤算の例

冒頭の文章で、『トレーニングメニューを真似するだけでは、理想にやや近づくもしくは、理想から遠のくことだってあるのです。』と述べました。
遠のくの!?って思いますよね。そう。目的によっては、存分にあり得ます。

くびれ作り=お餅理論

くびれは、肋骨と骨盤の間が、肋骨や骨盤の幅に比べて細くなっている姿。
くびれ=痩せている
というイメージがありますが、くびれは骨格の影響を大きく受けているので、体脂肪率が比較的高くても、くびれている人はいます。
というのも、お餅を想像してもらうとわかりやすいのですがお餅って、お皿の上では一塊でずっしりしてるんですが箸で持ったり、口に入れたりする時にびよーんて伸びて細くなりますよね。くびれも、同じなんです。(え?わからない?笑)胴体に付いているお餅のような脂肪も肋骨と骨盤の距離が遠くなればなるほどびよーんてお餅みたいにどこまでも伸びるわけではないですが、細くなるのです。つまり、同じ量の脂肪がお腹周りについていても骨格によってはくびれている人とそうでない人がいるわけなのです。そこでよ。ウエスト絞りたいからって腹筋運動やる人けっこう多いと思うんですがね。筋トレって、筋肉をぎゅっと収縮させるんですよね。だからめちゃめちゃ体幹強いアスリートとかって、寸胴でムキムキ。伸びるから細くなるっていうお餅理論で言うと腹筋運動は、くびれ作りにとっては逆効果の可能性大。
ましてや肋骨と骨盤の間が狭い低身長さんなんかは特にくびれから遠のく可能性が大きいのです。
じゃあ腹筋運動は絶対やっちゃだめじゃね!?っていうのは、また別問題でして。これについては別の記事で説明します。とにかくこのように、骨格によってはトレーニングの効果を思うように得られない場合が大いにあるということ。骨格が、体作りに大きな影響をもたらすということは、理解しておかなければなりません。

まとめ

真面目な人ほど馬鹿を見る。という言葉もありますが、頑張れば頑張るほど上手くいかない時のストレスは大きくなります。目の前にあるものが全てではありません。あくまでも「憧れ」として。変わるのは自分です。変えるのは自分自身です。結果がどんな形であれ、自分にとってプラスになるようなトレーニングができれば大成功。トレーニングは自分を苦しめるものではありません。幸せにするものです!

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. images

    注目してくれない子の視線を奪うアプローチと最強アイテム

  2. images

    コーディネーション能力とは

  3. images

    応用行動分析学とは

PAGE TOP