View this post on Instagram

【ヘルプマークをご存知ですか?🙋】 . . . 東京での配布を発端に 全国に広まっているヘルプマーク . 内部疾患、妊娠初期、知的障害、義足や人工関節を使用している方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方のためのマークです☝️ . . . 普及の拡大により現在は多くの市町村で配布されていますが 群馬県ではまだ扱っているところは少なく 数ヶ月前に藤岡市に問い合わせたところ「現在調整中です」とのことで、近々配布されるようになるのではないかなーと🤔 . . . なぜ問い合わせたかと言うと 我が長男は知的障害疑いありの自閉症スペクトラムで、外出時や緊急時、災害時など心配な面が多く、ヘルプマークは私達家族の役に立ってくれると思ったからです💪 . . . ヘルプマークのサイトを見ると 規定を守れば自主制作して利用が可能とありましたが、幸い東京に親友がおりましたので入手して送ってもらうことができました✨ . ヘルプマークをつけているから席を譲ってくれ、親切にしてくれ、とアピールしたいわけではありません。普通にいけない事は障害があってもいけない事だし、守らなければいけない事は誰でも守らなければいけません。癇癪起こしても並ばなければいけないとこは並ばせます。 . ただ 奇声を発していたり、暴れているのを見た時に「困難が多い人なんだな」と理解して見守っていただくだけで、ありがたいなと思うのです。ヘルプマークはお守りみたいなものかな。本人にとっても家族にとっても😊 . . . ヘルプマークをまだ知らなかった人が、この投稿を見て知ってくれたらいいなと思います🙋 . そして群馬県内でもっと馴染みあるマークになってくれたらいいなと思います🙌 . . . . . #ヘルプマーク #自閉症スペクトラム #知的障害 #子育て #群馬

A post shared by ERIKO (@rient2018) on