こんにちは!

Rient髙田です。

タイトル通り私はジムに行くと(フリーウエイト環境が整っている場所に限る)
居酒屋に行ったら「とりあえず生」という要領で
「とりあえずハイクリーン」がお決まりです。

8月27日のブログでフリーウエイトトレーニングのメリットについて書きましたように
フリーウエイトトレーニングは良いことずくめ!

その中でもハイクリーンはめちゃくちゃ万能なトレーニングなんです!!

ハイクリーンってなんぞや?
別名:パワークリーン

プレートのついたシャフトバーを両手で掴んで

おりゃー!
と一気に持ち上げて

肩の上でキャッチ

という感じの
一般のジムではなかなかお目にかかることのないトレーニングです。

このトレーニングは
しゃがんで→立つ/持ち上げて→キャッチする
というようウエイトトレーニングにしてはアクティブ(動く範囲ややることが多い)であり
それに伴って全身の様々な筋肉、特に体の背面を使います。
そしてこの一連の動作は、ある程度の勢いやスピードがなければ完成されないので
重さに見合った筋力×瞬発力が必要となるのです。

まさに動きの中で最大筋力を瞬時に発揮するアスリートには欠かせないトレーニングで
実際私が円盤投選手として現役だった頃は、ハイクリーンのMAXが上がれば飛距離が伸びるという程でした。

「だけど私アスリートでもないしそんなトレーニング必要ないわ。」
と思った女子
まぁまぁもう少し読んでよ。

女子はシェイプアップを目的として筋トレをやる人が多いと思うんだけど
多くの女子が目指している体型になるには体の背面を鍛える必要があるって知ってました?

プリっとしたお尻にはお尻とハムストリング(腿裏)のトレーニング!
くびれには腹筋よりも背筋のトレーニング!

猫背・巻き肩・ぽっこり下っ腹・張った太腿
これらになりがちな日本人にとって背面のトレーニングはもう必要不可欠!

そう!そこで注目の背面トレーニングを一気に網羅するトレーニングといえば!さぁみんなで!
せーの!「ハイクリーン!!」

と、いうわけなんです。

回数やセットの組み方次第で筋肥大系トレーニングにもなるし有酸素運動にもなる。
まさに万能なウエイトトレーニングでしょ。

ただし注意しなきゃいけないこと。
経験と技術が必要なフリーウエイトトレーニングの中でも、技術レベルの高いハイクリーン。
間違ったやり方で行えば望んだ効果が得られないことはもちろん、怪我を招いてしまいます。
まずはプレートなし(軽い負荷)で、技術を習得するところから始めましょう。

筋トレ女子ならぬ
ハイクリーン女子が増えますように!

群馬県でハイクリーンなら髙田まで!笑
(ちなみに現役時代のMAXは90kgだお♪)